クロミサンザシ白粒葉枯病菌Mycopappus alniの5科の樹木に対する病原性と侵入部位

クロミサンザシ白粒葉枯病菌Mycopappus alniの5科の樹木に対する病原性と侵入部位

レコードナンバー761813論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名高橋 由紀子
松下 範久
寶月 岱造
ほか1名
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ74巻・ 3号, p.140-147(2008-08)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (4038KB) 
抄録クロミサンザシ白粒葉枯病の病原菌Mycopappus alniを、カバノキ科、バラ科、ブナ科、マンサク科およびクルミ科の5科15属21種に接種し、これらの樹種に対する病原性を調査した。その結果、カバノキ科、バラ科、クルミ科およびマンサク科の14種で、葉に病斑と繁殖体が形成され、M. alniはこれらの樹種に病原性があった。一方、ブナ科では、ブナとクリで葉に変色が認められたことから、M. alniはこれら2樹種にも病原性があると考えられた。しかし、これらの樹種では、病斑や繁殖体の形成頻度が他科の樹種より低く、これら樹種へのM. alniの病原力は弱いと推察された。また、コナラ属樹種では病斑が形成されず、M. alniはコナラ属に対し病原性がないと考えられた。本菌をクロミサンザシ葉に接種し、病徴発現部位を顕微鏡観察した結果、M. alniの菌糸が気孔から植物体内に侵入しているのが観察された。
索引語alni;病原性;樹種;M.;病斑;カバノキ科;バラ科;ブナ科;マンサク科;クルミ科
引用文献数12
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat