メンブレンフィルター免疫染色法を利用したスイカ種子からのスイカ果実汚斑細菌病菌の検出と分離

メンブレンフィルター免疫染色法を利用したスイカ種子からのスイカ果実汚斑細菌病菌の検出と分離

レコードナンバー761815論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名松浦 貴之
白川 隆
佐藤 仁敏
ほか2名
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ74巻・ 3号, p.153-156(2008-08)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (2309KB) 
抄録スイカ果実汚斑細菌病は、1998年に山形県のスイカにおいて国内で初めて発生が確認された後、鳥取県、長野県、徳島県、熊本県で散発的に発生が確認されている。本病はAcidovorax avenae subsp. citrulli(以下、Aac)により引き起こされ、種子伝染することが知られている。また、本菌による果実汚斑細菌病は、スイカ以外にもトウガン、メロンで発生が確認されており、これらの発生原因も種子伝染であると報告されている。そのため、本病の発生を防止するには健全種子の供給が重要と考えられ、汚染種子の混入を高感度・高精度に検出する検査方法の確立が重要となる。また、PCRや免疫学的手法で検出された汚染種子を感染源として証明するためには、少なくとも生きた細菌を分離する必要がある。本研究では、1,000粒のスイカ種子からスイカ果実汚斑細菌病菌を高精度に検出、分離するため、既報のAac用選択培地(以下、AacSM)を用いたメンブレンフィルター免疫染色法の適用について検討した。
索引語メンブレンフィルター免疫染色法;利用;スイカ種子;スイカ果実汚斑細菌病菌;検出;分離
引用文献数15
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat