カンピロバクターの人への病原性

カンピロバクターの人への病原性

レコードナンバー761987論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名三澤 尚明
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ44巻・ 2号, p.59-66(2008-08)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (3329KB) 
抄録カンピロバクター属菌が人に対する病原細菌として認識されたのは、約30年前のことであり、新興感染症の一つに含まれる。本属菌の多くは動物の腸管内に広く分布しており、本症の伝播経路は食品を媒介する間接伝播と保菌動物の糞便による直接伝播がある。したがってカンピロバクター感染症は食中毒の原因菌としてだけでなく人獣共通感染症として公衆衛生上重要なテーマの一つになっている。中でもCampylobacter jejuni subsp. jejuni(以下C. jejuni)およびC. coliは世界各国において主要な食水系感染症の原因菌として重要視され、公衆衛生上の注意が払われてきた。しかしながら、多くの先進諸国においてカンピロバクター感染症は増加傾向にあり、その防除対策を講じることが急務となっている。本稿では、カンピロバクターの人への病原性の概要にとどまらず、それらの環境適応機構にもフォーカスを当てて解説する。
索引語カンピロバクター;人;病原性
引用文献数37
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat