ホトケドジョウに適した魚道の検討

ホトケドジョウに適した魚道の検討

レコードナンバー762016論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024258NACSIS書誌IDAA1215535X
著者名勝呂 尚之
鈴木 正貴
水谷 正一
書誌名神奈川県水産技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center
神水セ資料
発行元神奈川県水産技術センター
巻号,ページ3号, p.87-95(2008-03)ISSN18808905
全文表示PDFファイル (4461KB) 
抄録ホトケドジョウに適した魚道を検討するため、カスケードM型と千鳥X型を用いて試験を行った。魚道の幅を30cm、傾斜を10°、流量を250と500ml/sとして、2時間おきに遡上数を計数した。結果は当歳魚および1歳魚ともに、千鳥X型がカスケードM型より遡上率が高かった。また、幅30cmの魚道では、流量が多い方が遡上を促進した。カスケードM型で魚道の幅を30cmから15cmに狭め、125、250、500ml/sの3通りの流量で試験を行ったところ、250ml/sの遡上率が改善された。本種の体高に対して、90%以上の水深を確保できれば、カスケードM型でも対応できる可能性が示唆された。ホトケドジョウの遡上と時刻との関係を解明するため、千鳥X型魚道を用いて試験を行った。試験開始時間を12時、18時、0時、6時の4通りに設定し、それぞれ6時間、魚を遡上させた。当歳魚は昼間と夜間の遡上数に差はなかったが、1歳魚は夜間に多く遡上した。また、各時間帯ともに、試験開始直後の2時間に多くの遡上がみられた。
索引語魚道;カスケードM型;ホトケドジョウ;試験;流量;遡上;検討;千鳥X型;幅;遡上数
引用文献数15
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat