RFP-トランスジェニッククローンネコの臍帯血由来間葉系細胞からの神経様細胞への分化

RFP-トランスジェニッククローンネコの臍帯血由来間葉系細胞からの神経様細胞への分化

レコードナンバー762082論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名Jin G.Z.
Yin X.J.
Yu X.F.
ほか6名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 7号, p.723-726(2008-07)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (2048KB) 
抄録臍帯血由来間葉系細胞は多能性のある成熟幹細胞で、間質組織や神経系列に分化することができる。本研究では赤色蛍光タンパク質(RFP)-トランスジェニックネコの臍帯血由来間葉系細胞の神経への分化能力について調べた。間葉系細胞はプレインキュベーションメディウムで24時間培養後、神経誘導メディウムで72時間培養した。免疫蛍光染色の結果、6.85%の細胞がβIII-チュブリン陽性、3.37%が神経フィラメント-Lに陽性、7.04%が神経フィラメントーMに陽性であった。βIII-チュブリンのバンドはウェスタンブロットでも検出された。これらの結果は、RFP-トランスジェニック臍帯血由来間葉系細胞がインビトロで神経細胞に分化できることを示している。それ故、RFP-トランスジェニック間葉系細胞は幹細胞移植において新たな追跡材料となる可能性を備えている。
索引語RFP;臍帯血由来間葉系細胞;分化;結果;βIII;トランスジェニッククローンネコ;神経様細胞;多能性;成熟幹細胞;間質組織
引用文献数21
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat