黒毛和種妊娠牛の末梢血中M-CSF濃度の推移

黒毛和種妊娠牛の末梢血中M-CSF濃度の推移

レコードナンバー762092論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名大島 一修
吉原 一浩
小島 孝敏
ほか2名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 8号, p.799-805(2008-08)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (4135KB) 
抄録造血系のサイトカインの一つであるマクロファージコロニー刺激因子(M-CSF)は、ヒトやマウスの妊娠の成立、維持に関与している。M-CSF遺伝子発現はウシ子宮内膜でも認められ、その発現強度が妊娠経過とともに上昇傾向を示すことから、ウシにおいてもM-CSFが妊娠現象に関係することが示唆されている。本研究では、黒毛和種妊娠牛の末梢血中M-CSF濃度推移をELISAにより測定し、実験1では125頭の妊娠牛と21頭の非妊娠牛を供試して妊娠ステージと血中M-CSF濃度との関係を、実験2では6頭の雌ウシを供試して妊娠期間中の血中M-CSF濃度の経時的な推移を調査した。妊娠ステージ別にみると、血中M-CSF濃度は妊娠1ヶ月で最も高く、妊娠3ヶ月と妊娠末期で低値を、妊娠4ヶ月から妊娠7ヶ月にかけて増加傾向を示した。経時的な推移としては、血中M-CSF濃度は妊娠2週まで高値を示した後に、妊娠2週から9週にかけて妊娠6週をピークとした一峰性の減少、増加を示し、その後妊娠9から27週にかけてほぼ一定の値を維持し、妊娠27から40週にかけて減少した。経時的なM-CSF濃度推移は、時間的なズレが認められたが、妊娠ステージ別での変化と同様のパターンを示した。妊娠牛の末梢血中M-CSF濃度は妊娠経過に従って一定のパターンで推移しており、その推移は子宮内膜や胎盤でのM-CSF産生を反映していることが示唆された。
索引語推移;血中M-CSF濃度;黒毛和種妊娠牛;末梢血中M-CSF濃度;M-CSF;妊娠経過;示唆;妊娠牛;供試;一定
引用文献数37
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat