フェレットのリンパ腫の細胞形態学的および免疫組織化学的特徴

フェレットのリンパ腫の細胞形態学的および免疫組織化学的特徴

レコードナンバー762109論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名小沼 守
近藤 広孝
小野 貞治
ほか2名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 9号, p.893-898(2008-09)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (4055KB) 
抄録病理組織学的にリンパ腫と診断されたフェレットの20例について細胞形態学的および免疫組織化学的な分類を実施した。発生部位による分類では多中心型8例(40%)、消化器型9例(45%)、縦隔型2例(10%)、皮膚型1例(5%)であった。National Cancer Institute of Working Formulation(NCI-WF)分類では、low-gradeとhigh-gradeがそれぞれ4例(20%)、intermediate-gradeが12例(60%)であった。採取組織量が少なかった2例を除く18例について行った免疫組織化学的検索では、T細胞由来が16例(88.9%)、B細胞由来が2例(11.1%)であった。NCI-WF分類と免疫学的表現型とを組み合わせると、low-gradeの4例(多中心型2例、消化器型1例、皮膚型1例)のすべてがdiffuse small lymphocytic lymphomaで、いずれもT細胞由来に分類された。Intermediate-gradeの12例(多中心型6例、消化器型4例、縦隔型2例)では、11例がdiffuse mixed cell lymphoma、1例がdiffuse large cell lymphomaに分類された。前者11例のうちB細胞由来が2例(いずれも多中心型)、T細胞由来が7例(多中心型3例、消化器型3例、縦隔型1例)、未検索が2例(多中心型1例、縦隔型1例)であった。また、後者の1例はT細胞由来(消化器型)であった。High-gradeの4例(消化器型)はいずれもdiffuse immunoblastic lymphomaでT細胞由来であった。
索引語細胞由来;diffuse;lymphoma;分類;フェレット;リンパ腫;low-grade;B細胞由来;分類;消化器型
引用文献数18
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat