日本の養豚場における豚呼吸器型コロナウイルス感染のウイルス学的および血清学的研究

日本の養豚場における豚呼吸器型コロナウイルス感染のウイルス学的および血清学的研究

レコードナンバー762114論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名宇佐美 佳秀
深井 克彦
市川 優
ほか5名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 9号, p.929-936(2008-09)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (4591KB) 
抄録栃木県内飼養豚の豚伝染性胃腸炎ウイルス(TGEV)に対する抗体検査を行っていたところ、TGEワクチン接種歴がなく、TGEの発生もなかった農場でTGEV抗体が検出された。通常の抗体検査では、TGEVと豚呼吸器型コロナウイルス(PRCV)の識別が困難であったことから、高率にTGEV抗体が検出されたA農場について4年間にわたり飼養豚を調査したところ、TGEVは検出されなかったが、鼻汁からPRCVが分離された。また、飼養豚から検出された抗体は、TGEV/PRCV識別ELISAによりPRCV抗体であることが判明し、常時PRCV抗体が検出された。PRCV分離株を系統樹解析したところ、米国やヨーロッパ分離株と異なるクラスターを形成した。PRCV分離株を帝王切開初乳非摂取子豚に接種したところ、臨床症状は示さなかったが、主に鼻汁からウイルスが分離された。同居豚の鼻汁からもPRCV遺伝子が検出されたことから、本ウイルスは鼻腔内で限局的に増殖し、水平感染を起こすことが示された。以上のことから、我が国において海外の分離株と遺伝学的に異なるPRCVが養豚場に常在していることが示唆された。
索引語検出;GEV;PRCV;鼻汁;養豚場;抗体検査;GEV抗体;飼養豚;分離;PRCV分離株
引用文献数32
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat