ライフスタイルの変化と「食」の指向性が及ぼす地域の活性化

ライフスタイルの変化と「食」の指向性が及ぼす地域の活性化

レコードナンバー762304論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名當間 政義
久保 紀優希
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ53巻・ 2号, p.160-168(2008-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (6111KB) 
抄録本稿の目的は、「食」のあり様を決定する人びとのライフスタイルの変化・変容の効果と地域の活性化の関連を検討することにある。今日、「食」に関する問題は、農薬混入や食品偽装あるいは賞味期限の改ざん行為等、枚挙にいとまがない。「食」に関する問題は、経済・産業の発展に随伴する、人為的な環境の悪化によるものもあれば、企業の利潤追求に帰結する場合もある。さらには、コスト削減のために海外から食品・食材を輸入する場合も少なくない。このような問題を解決するためには、一見すると、企業経営の社会性を問題点とすれば、解決されるようにも思えるが、本稿では、企業経営の改善にのみ言及するのではなく、近年のライフスタイルの変化・変容による地域の「食」のあり様や指向性に焦点を当て考察を試みた。この視点は、企業社会の中心になる集権化した都会型ではなく、地域へ分散型化した経営に着目することで、地域経済の活性化へと発展するものと理解される。このような視点から、「食」の問題は、人びとのライフスタイルの変化によって、地域に着目することから地域の活性化につながるものといえるであろう。
索引語食;地域;ライフスタイル;変化;活性化;問題;指向性;あり様;人びと;変容
引用文献数10
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat