PCR法による醸造酒の原料判別技術

PCR法による醸造酒の原料判別技術

レコードナンバー762308論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名大坪 研一
中村 澄子
原口 和朋
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ61巻・ 1号, p.1-9(2008-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (5485KB) 
抄録農産物のDNA品種判別技術が開発されつつあるが、原料のDNA抽出が難しい加工品への適応は、難易度が高い。特に、日本酒は、発酵によるDNAの分解、発酵微生物のDNAの混在、PCR阻害物質の共存等の理由により、これまで原料米の品種を判別することができなかった。このたび、日本酒から原料米由来のDNAのみを抽出、増幅する手法を開発し、PCRにより原料米品種を判別することが可能になった。なお、この技術は、ワインから原料ブドウ品種を判別する手法としても応用可能である。
索引語DNA;判別;開発;日本酒;手法;PCR法;醸造酒;原料判別技術;農産物;DNA品種判別技術
引用文献数14
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat