山地河川におけるStep-Pool構造の形状及び分布特性

山地河川におけるStep-Pool構造の形状及び分布特性

レコードナンバー762317論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名権田 豊
岡崎 達也
西井 洋平
ほか1名
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ61巻・ 1号, p.67-93(2008-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (14027KB) 
抄録本研究では、山地河川が本来有している特性を明らかにすることを目的に、河川環境の重要な構成要素であるStep-Pool構造に焦点をあて、流域特性・降雨特性の異なる、新潟県および三重県の8つの山地河川、合計35調査プロットにおいて、Step-Poolの形状と河床勾配や流路幅といった河道条件の計測結果を行った。調査結果を用いて、実河川におけるStep-Pool構造の形状及び分布特性やStepの成因、形成流量について考察した。その結果、河床勾配、低水路幅、Step構成礫の礫径の3つは、Step-Poolの形状や分布特性を特徴付ける重要なパラメータであることがわかった。今回の調査結果を基に、地形図などから容易に調べることが可能な流域面積や勾配を用いて、山地河川に存在するStep-Pool構造のスケールを表す関係式を構築した。
索引語山地河川;Sep-Pool構造;形状;分布特性;Sep-Pool;河床勾配;調査結果;本研究;特性;河川環境
引用文献数29
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat