桑の葉粉末の飼料添加が肉用鶏の生産性と食味に及ぼす影響

桑の葉粉末の飼料添加が肉用鶏の生産性と食味に及ぼす影響

レコードナンバー762381論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
著者名後藤 美津夫
松本 尚子
加藤 一雄
ほか2名
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ7号, p.100-106(2001-03)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (2768KB) 
抄録鶏肉の食味の改善や差別化に資するため、本県で作出した肉用銘柄鶏“風雷どり”とブロイラーの仕上げ飼料中に桑の葉粉末を3%添加し、試験終了から逆算して28日間給与し以下の結果を得た。1.試験終了時総生産量、平均体重、総飼料摂取量、飼料要求率及び生存率については、桑の葉末添加の有無にかかわらず同等の値を示し、生産性についての差は認められなかった。2.脂肪中のビタミンAは桑の葉粉末の飼料添加により1.5〜2倍に増加し差が認められた。3.敷き料からのアンモニアの発生量は、桑の葉粉末の添加の有無にかかわらず10ppm前後であり、明確なアンモニアの抑制効果は見られなかった。4.鶏肉の官能検査の結果、桑の葉粉末の添加により鶏種・性別に関わらず、柔らかさ、美味しさ、総合の調査項目で“好ましい”とする評価が得られ、肉の食味を改善する効果が認められた。
索引語桑;飼料添加;肉用鶏;生産性;食味;影響
引用文献数3
登録日2011年02月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat