近年における飼料用トウモロコシの品種特性

近年における飼料用トウモロコシの品種特性

レコードナンバー762463論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
著者名横澤 将美
高橋 朋子
山本 哲久
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ13号, p.96-103(2006-12)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (3872KB) 
抄録2002年〜2005年に飼料用トウモロコシの品種特性試験を実施した。近年の気候は変動が大きいことが特徴であった。その結果、低温多雨なほど稈が細長くなる傾向が示されたため、32F10、KD640、KD720など稈径が太く安定したものや着雌穂高が低い品種を用いることが倒伏対策となる。また気候変動の影響が収量を大きく左右するため、35Y65、ZX7605、SH3817など高収量があげられる品種を選択することが安定した収量確保の一手段である。
索引語飼料用トウモロコシ;品種特性
引用文献数5
登録日2011年02月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat