家畜ふんペレット堆肥の肥効特性

家畜ふんペレット堆肥の肥効特性

レコードナンバー762479論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
著者名高橋 朋子
鈴木 睦美
山田 正幸
ほか1名
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ14号, p.82-90(2007-11)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (4190KB) 
抄録1.家畜ふん堆肥をデスクペレッターを用い40〜60℃の低温でペレット化すると、土壌中での窒素無機化率は、粉状堆肥に比べ鶏ふん堆肥では86%、牛ふん堆肥で60%、豚ぷん堆肥で45%に低下し、豚ぷん堆肥で低下率が大きかった。2.家畜ふん堆肥に硫酸アンモニウム、硝酸アンモニウム、尿素の3種類の窒素肥料を添加してペレット化すると、土壌中での窒素無機化率は粉状堆肥と窒素肥料を併用した場合と比べ、牛ふん堆肥では差は少なかった。しかし、豚ぷん堆肥では、50〜72%に低下し、特に硝酸アンモニウム添加した場合に低下が大きかった。鶏ふん堆肥でも、硝酸アンモニウムを添加した場合に58%と低下が大きかった。
索引語家畜ふんペレット堆肥;肥効特性
引用文献数11
登録日2011年02月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat