丹沢山地塩水川におけるシオジによる渓畔林の再生

丹沢山地塩水川におけるシオジによる渓畔林の再生

レコードナンバー762494論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019321NACSIS書誌IDAA11981838
論文副題植栽後3年間の結果
著者名齋藤 央嗣
書誌名神奈川県自然環境保全センター報告 = Bulletin of the Kanagawa Prefecture Natural Environment Conservation Center
発行元神奈川県自然環境保全センター
巻号,ページ2号, p.43-51(2005-03)ISSN13492500
全文表示PDFファイル (4480KB) 
抄録砂防ダム施工跡地に、単木と本数の異なる2タイプの巣植の計3タイプの植栽によりシオジによる渓畔林再生を行った。客土の施工や苗木の根巻により植栽後の枯損はなく、すべての個体が活着した。植栽3年後の調査では、増水による影響は見られず、巣植区はほとんど被害は発生しなかったのに対し、単木区でツルや他の草本により幹への被害が15%に及び樹高成長も低下した。巣植区では川沿いの下段より上段の方が伸長がよい傾向があり、巣植えの本数は10本区が有意に大きいが、その植栽場所の影響があると思われた。植栽の内側・外側の樹高は有意ではないが内側に植栽した方が伸長が大きかった。
索引語丹沢山地塩水川;シオジ;渓畔林;再生;結果
引用文献数14
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat