サトウキビ新品種‘Ni23'の育成とその特性

サトウキビ新品種‘Ni23'の育成とその特性

レコードナンバー762627論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033316NACSIS書誌IDAA12292124
著者名西 裕之
竹牟禮 穣
上薗 一郎
末川 修
緒方 寿明
神門 達也
安庭 誠
勝田 明敏
田中 正一
白澤 繁清
小牧 有三
園田 純也
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 耕種部門 = Bulletin of the Kagoshima Prefectural Institute for Agricultural Development. Agricultural Research
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Deve. (Agricultural Research)
鹿児島農総セ研報(耕種)
発行元鹿児島県農業開発総合センター
巻号,ページ1号, p.83-89(2007-03)ISSN18818609
全文表示PDFファイル (3494KB) 
抄録鹿児島県奄美地域のサトウキビの生産量は減少傾向にあり、その主な要因は、株出し移行率の低下による収穫面積の減少、株出収量の低下、干ばつや台風の気象災害などである。そのため、株出の面積拡大および収量の安定化を図るために春植え+株出し体系を推進しており、株出し適性の高い品種が求められていた。また、近年干ばつに起因した生育不足による単収低下の事例も多く、干ばつ条件下でも生育の優れる品種の育成も望まれていた。徳之島支場では、奄美地域に適応した品種育成を進めるため、九州沖縄農業研究センターの協力を得て、初期選抜段階から選抜操作を行い‘KY96T-537’(後の‘Ni23’)を育成した。本系統は、2006年1月に奄美地域の奨励品種として採用された。‘Ni23’は‘F177’に比べて高糖で、発芽や株出し萌芽が優れ、茎の増加や伸長も優れるため、春植え、夏植え、株出しのいずれの栽培型でも多収である。収穫期間の中期(2〜3月)の収穫に適し、早期(12月下旬〜2月上旬)高糖の‘Ni22’、‘NiF8’、晩期(3〜4月上旬)高糖の‘Ni17’との栽培の組み合せで、品質向上が図られる。また、干ばつに遭遇した年でも、他品種に比べて安定して多収となることから、株出し栽培の安定化が図られ、収穫面積や生産量の確保が期待できる。
索引語サトウキビ新品種;育成;特性
引用文献数6
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat