送風時期が水稲「白未熟粒」発生に及ぼす影響

送風時期が水稲「白未熟粒」発生に及ぼす影響

レコードナンバー762648論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名大谷 和彦
吉田 智彦
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ77巻・ 4号, p.434-442(2008-10)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (4961KB) 
抄録乳白粒、基白粒、背白粒等を総称した白未熟粒の発生要因を探った。栃木県産米の1等米比率と気象、水稲の生育の解析から、出穂後6〜25日の飽差と最大風速、出穂前・後各20日間の気温、出穂前30日間の日照時間、一穂籾数が白未熟粒の発生要因であった。基白粒、背白粒は出穂後6〜10日の登熟初期の送風処理により穂上着粒位置にかかわらず多く発生した。一方、乳白粒は出穂後21〜25日の登熟中期の送風処理により、上・中位の1次枝梗に多く発生した。枝梗内では弱勢穎花の白未熟粒率が高かった。白未熟粒率を、出穂後0〜20日の日平均気温と、出穂後6〜25日の[(100-最小相対湿度)×最大風速)]の平均値を用いて推定できた。白未熟粒の発生には品種間差異があった。
索引語白未熟粒;水稲;発生;乳白粒;基白粒;発生要因;風速;送風処理;発生;白未熟粒率
引用文献数28
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat