納豆作製工程におけるダイズ粒の力学物性と顕微構造の変化

納豆作製工程におけるダイズ粒の力学物性と顕微構造の変化

レコードナンバー762680論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名小川 幸春
田口 聡
山本 奈美
田川 彰男
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ9巻・ 3号, p.151-156(2008-09)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (3364KB) 
抄録研究室規模の納豆作製工程におけるダイズ粒の顕微構造的な変化を調査した。その結果、蒸煮工程でダイズ粒の硬さが低下するとともに組織の自家蛍光状態も顕著に変化している様子が観察された。しかし、SEMによって観察される微細構造には明確な変化が見られなかった。これらのことから、蒸煮工程でダイズ組織から溶出する成分はペクチン質などの非結晶性マトリックス成分であり、それらが粒の硬さや組織の自家蛍光強度に関与していると考えられた。発酵および熟成の各工程では、プロテアーゼによるダイズタンパク質の分解が原因と考えられる細胞内部構造体の縮小が観察された。それら縮小によって生じた空隙が、わずかではあるが粒の硬さ低下に影響を及ぼすと考えられた。以上より、蒸煮や発酵などの工程におけるダイズ粒の物性変化の一因が組織構造的な観点から明らかとなった。
索引語ダイズ粒;変化;観察;納豆作製工程;蒸煮工程;硬さ;組織;発酵;縮小;力学物性
引用文献数27
登録日2011年03月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat