競合排除資材によるひなのサルモネラ対策

競合排除資材によるひなのサルモネラ対策

レコードナンバー762710論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名今井 康雄
熊谷 直祐
田中 剛志
ほか2名
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ44巻・ p.27-36(2008-09)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (4483KB) 
抄録国内で市販されている4種類の競合排除(competitive exclusion:CE)製品(CE製品)の効果を相互に比較するため、腸管内のサルモネラの増殖抑制と定着阻止・排除、臓器へのサルモネラの侵入阻止およびprotection factor(PF)値の4点についてCE効果を評価した。その結果、いずれの評価方法においても凍結または凍結乾燥されていないundefined culturesの液状製品が最も高いCE効果を示すことが確認された。defined culturesや凍結または凍結乾燥されたCE製品では、サルモネラの競合排除に関与する菌種の菌数の不足やCE製品中に含まれる菌群の構成比に偏りが生じ、高いCE効果が得られない可能性が示唆された。また、Bacillus subtilisの菌株を単独で、またはCE製品と組み合わせてひなに給与し、鶏のサルモネラ感染予防対策への有用性を検討したところ、B. subtilisとCE製品を併用して給与した区は、それぞれを単独で給与した区あるいはB. subtilisとCE製品の両者を給与しなかった対照区と比較して感染初期からサルモネラ増殖抑制効果が認められた。以上より、農場でのサルモネラ対策に応用するには、最も高いCE効果を示すundefined culturesの液状CE製品の選択が望ましいと考えられ、さらにB. subtilisの菌株と組み合わせてひなに給与すると、より確実なサルモネラ防除効果が得られることが示唆された。
索引語CE製品;給与;CE効果;ひな;サルモネラ;culures;subilis;サルモネラ対策;競合排除;比較
引用文献数39
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat