和歌山県沿岸に生育するカジメ・クロメ配偶体の生長と成熟および胞子体の初期生長に及ぼす水温の影響

和歌山県沿岸に生育するカジメ・クロメ配偶体の生長と成熟および胞子体の初期生長に及ぼす水温の影響

レコードナンバー762781論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名田中 俊充
四ツ倉 典滋
木村 創
ほか1名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ56巻・ 3号, p.343-349(2008-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (3807KB) 
抄録和歌山県沿岸6箇所に生育するカジメとクロメについて、配偶体の生長や成熟および胞子体の初期生長に及ぼす温度の影響を調べた。その結果、両種の配偶体の生長は種間や産地に関係なく、最適温度22〜25℃までは高水温ほど早く生長し、28℃では異常形態を示すものが多く観察された。配偶体の成熟は産地によって温度特性が大きく異なり、20℃以下で芽胞体形成率の高い地域と20〜22℃で形成率の高い地域、および14〜25℃の広い範囲で形成率の高い地域の3つに分かれた。また、胞子体の生長適温も産地によって異なり、いずれの産地とも14℃下では葉長に比べ葉幅が発達した丸形を呈すのに対し、18℃以上では葉幅の狭い細長形となった。これらのことから、和歌山県沿岸に生育するカジメやクロメの配偶体の成熟適温や胞子体の生長適温は単一種内であっても地域間で大きく異なり、胞子体発芽時の温度は葉状部の形態にも影響を及ぼすものと推測される。
索引語和歌山県沿岸;生育;カジメ;クロメ配偶体;生長;成熟;胞子体;初期生長;水温;影響
引用文献数24
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat