酒造好適米新品種「西都の雫」の醸造特性

酒造好適米新品種「西都の雫」の醸造特性

レコードナンバー762866論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002012NACSIS書誌IDAA11510092
著者名有富 和生
田村 伊美子
田中 淳也
山田 桂子
大井 修
有馬 秀幸
椎木 幹夫
佐伯 明比古
書誌名山口県産業技術センター研究報告 = Report of Yamaguchi Prefectural Industrial Technology Institute
発行元山口県産業技術センター
巻号,ページ18号, p.19-20(2006-07)ISSN1345210X
全文表示PDFファイル (1066KB) 
抄録「西都の雫」は、農業試験場において「穀良都」と「西海222号」を親として交配育種された県内で初めての県産酒造好適米である。「西都の雫」の醸造適性を検討した結果、大変優れた性質を有することが分かり、山口ブランド清酒として県内13酒造会社より商品化することができた。
索引語酒造好適米新品種;西都;雫;醸造特性
引用文献数7
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat