弾性指標を用いたスライストマトの果肉硬度の非破壊評価

弾性指標を用いたスライストマトの果肉硬度の非破壊評価

レコードナンバー762910論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名中野 有加
桜井 直樹
藤路 陽
ほか3名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 4号, p.543-547(2008-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2427KB) 
抄録異なる施肥法および施肥量で栽培されたトマトのスライスとしての果肉硬度を、音響振動法を用いて評価した。振動装置でトマト果実をはさみ、検出した第2共鳴周波数と果実直径から弾性指標を算出した。弾性指標は、施肥の異なるトマトの収穫直後や貯蔵後の硬度の差を示すことができた。弾性指標は、赤道部の果実硬度よりもスライスの果肉硬度と相関が高かった。弾性指標とスライスの果肉硬度との間の相関係数は、破壊法によるインタクトなトマトの果実硬度とスライスの果肉硬度との間の相関係数と同程度であった。これらの結果から、音響振動法は、トマトのスライスの果肉硬度の推定に利用できる可能性があると考えられた。
索引語果肉硬度;弾性指標;スライス;トマト;音響振動法;果実硬度;相関係数;スライストマト;非破壊評価;施肥法
引用文献数17
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat