矮性および半矮性台木を利用したリンゴ‘スターキング・デリシャス'樹における果実品質と栽植密度の関係

矮性および半矮性台木を利用したリンゴ‘スターキング・デリシャス'樹における果実品質と栽植密度の関係

レコードナンバー762912論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名黒田 治之
千葉 和彦
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 4号, p.559-570(2008-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (6353KB) 
抄録無剪定の矮性および半矮性台木を利用したリンゴ‘スターキング・デリシャス’樹(樹齢7〜11年生)における果実品質と栽植密度の関係について検討した。各台木樹とも、1果重は栽植密度(ρ)の増加に伴って減少した。このような1果重(ω)に関する密度効果は、ω=K1ρ(-k1)で表された。蜜入り指数と糖度は栽植密度(ρ)の増加に伴って減少したが、果肉硬度は増加した。蜜入り指数(μ)、糖度(δ)および果肉硬度(ζ)に関する密度効果は、それぞれμ=K2exp(-k2ρ)、δ=K3ρ(-k3)およびζ=K4ρ(k4)で表された。酸度(η)に関する密度効果は、成熟果の場合はη=K5ρ(k5)、未熟果の場合はη=K5ρ(-k5)で表された。このうち、高品質果実生産のための栽植密度設定に際して適用できる式はη=K5ρ(k5)であった。以上の結果から、高品質果実生産のための栽植密度は上記の密度効果式の活用により設定できること、また設定された栽植密度の高品質果実生産能力は適熟期の果実収穫によって発揮されることが示された。
索引語栽植密度;密度効果;η=K5ρ;矮性;半矮性台木;利用;リンゴ;スターキング・デリシャス’樹;果実品質;関係
引用文献数20
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat