ポジティブリスト制度導入と動物用医薬品におけるその対応

ポジティブリスト制度導入と動物用医薬品におけるその対応

レコードナンバー763005論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014414NACSIS書誌IDAN00203399
著者名遠藤 裕子
書誌名農林水産省動物医薬品検査所年報 = Annual report of the National Veterinary Assay Laboratory
発行元農林水産省動物医薬品検査所
巻号,ページ44号, p.1-12(2008-03)ISSN03887421
全文表示PDFファイル (7969KB) 
抄録厚生労働省は、食品衛生法等の一部を改正する法律(平成15年法律第55号)に基づき、食品中に残留する農薬、動物用医薬品及び飼料添加物を規制するポジティブリスト制度を2006年5月29日に導入した。農林水産省はこのポジティブリスト制度に対応するために動物用医薬品の使用の規制に関する省令(昭和55年農林水産省令第42号)の改正及び諸通知の発出等を行うとともに動物用医薬品の製造販売承認取得者や使用者に対して動物用医薬品の適正な使用を促すための指導を実施してきた。本稿は、ポジティブリスト制度の導入の経緯と概要及び本制度の導入に対する農林水産省の対応について動物用医薬品のリスク評価及びリスク管理という視点から解説することを目的とする。
索引語動物用医薬品;対応;ポジティブリスト制度;農林水産省;使用;改正;食品中;ポジティブリスト制度導入;導入;法律
引用文献数15
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat