水稲新品種「ふっくりんこ」の育成

水稲新品種「ふっくりんこ」の育成

レコードナンバー763115論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014227NACSIS書誌IDAN00231270
著者名田中 一生
尾崎 洋人
越智 弘明
書誌名北海道立農業試験場集報
別誌名北海道立農試集報
道農試集報
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Stations
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元北海道立農業試験場
巻号,ページ92号, p.1-12(2008-10)ISSN04410807
全文表示PDFファイル (1498KB) 
抄録「ふっくりんこ」は1993年に中央農業試験場で交配された「空系90242B」と「上育418号(ほしのゆめ)」との雑種後代から道南農業試験場で選抜、育成し、2003年2月に北海道の優良品種に認定された。出穂期は「きらら397」より遅い“晩生の中”、成熟期は“晩生の早”である。稈長・穂長は「きらら397」より長く、穂数は多く、草型は“穂数型”である。穂ばらみ期の耐冷性は「きらら397」に優る“強”、開花期耐冷性は明らかに優る“極強”、遅延型耐冷性は優る“強”である。いもち病の圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちともに“やや弱”で、「きらら397」にやや劣る。耐倒伏性・玄米収量は「きらら397」並である。玄米品質、検査等級も「きらら397」並である。白米のタンパク質含有率は「きらら397」よりやや低く、食味は明らかに「きらら397」に優る。本品種を「きらら397」の一部に置き換え道南南部地域を中心に普及することで、道内の中生種の作付け偏重を是正し、北海道米の安定生産・品質および食味の向上を図る。
索引語きらら397;ふっくりんこ;晩生;育成;強;食味;中央農業試験場;ほしのゆめ;雑種後代;道南農業試験場
引用文献数19
登録日2010年12月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat