カンボジア・シアヌークヴィル沿岸で採捕されたフグ類におけるテトロドトキシンの分布

カンボジア・シアヌークヴィル沿岸で採捕されたフグ類におけるテトロドトキシンの分布

レコードナンバー763147論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名谷山 茂人
柴野 啓輔
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 5号, p.361-365(2008-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2786KB) 
抄録カンボジア・シアヌークヴィル沿岸に生息するLagocephalus属フグ3種、シロサバフグL. wheeleri(20個体)、モトサバフグL. spadiceus(15個体)およびドクサバフグL. lunaris(82個体)計117個体につき、マウス試験法により部位別毒性を調べたところ、シロサバフグとモトサバフグは全個体が無毒(2 MU/g未満)、ドクサバフグは全個体ないしロットが有毒であった。最高毒性値は、皮25 MU/g、筋肉67 MU/g、肝臓257 MU/g、腸127 MU/g、精巣52 MU/g、卵巣238 MU/gで、いずれも食用可否の目安となる10 MU/gを上回っていた。LC/MS分析により、毒の本体はフグ毒テトロドトキシン(TTX)と関連成分で、TTXがマウス毒性の80%以上を占めることが示された。
索引語カンボジア;シアヌークヴィル沿岸;全個体;シロサバフグL. wheeleri;モトサバフグL.;ドクサバフグL.;採捕;フグ類;テトロドトキシン;分布
引用文献数24
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat