梅漬け製造過程廃棄物中のシソアントシアニン色素の安定性

梅漬け製造過程廃棄物中のシソアントシアニン色素の安定性

レコードナンバー763154論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名津久井 亜紀夫
村上 智子
林 一也
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ31巻・ 3号, p.103-109(2005-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (3587KB) 
抄録新鮮な紫蘇葉から濃赤紫色灰汁入梅酢液、濃赤紫色灰汁除去梅酢液、精製アントシアニン(AN)梅酢液、精製AN緩衝液および18%食塩添加精製AN緩衝液の分析用各試料液を調製した。この試料液を60日間貯蔵しpH、褐変度、吸光度、色調およびHPLC分析を行い、濃赤紫色灰汁入梅酢液中のANおよび廃棄される濃赤紫色灰汁液のANが利用可能であるか検討した。(1)廃棄される濃赤紫色灰汁液からのANの収率は0.85%で比較的多く含まれる。(2)18%の食塩を添加した精製AN緩衝液では、食塩添加によりpHが1.30となったが、その後60日目までpHの変化がなかった。他の各梅酢液試料中では貯蔵60日目までpHの変化がなかった。(3)梅酢液中の各試料液は25℃、60日間貯蔵すると褐変度が日数の経過に伴い増加した。(4)λ525nmにおける貯蔵前のEを100としたときの貯蔵後の相対的吸光度は濃赤紫色灰汁入梅酢液の場合増加した。他の試料液は相対的吸光度が減少した。(5)各試料液の色調変化により濃赤紫色灰汁入り梅酢液は梅漬けに利用できないが、濃赤紫色灰汁液から抽出・精製したANは十分利用可能であった。
索引語濃赤紫色灰汁入梅酢液;試料液;褐変度;各試料液;濃赤紫色灰汁液;梅漬け製造過程廃棄物中;梅酢液;精製AN緩衝液;液;変化
引用文献数8
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat