ウシラクトフェリンによるClostridium perfringensの凝集および増殖抑制作用におけるリポテイコ酸の影響

ウシラクトフェリンによるClostridium perfringensの凝集および増殖抑制作用におけるリポテイコ酸の影響

レコードナンバー763188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名冨田 信一
白崎 奈美
松山 惇
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ32巻・ 3号, p.85-89(2006-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (2698KB) 
抄録ウシラクトフェリン(bLF)の細菌増殖抑制作用における菌体表層のマイナス荷電物質であるリポテイコ酸(LTA)添加の影響を検討した。鉄不飽和および鉄飽和bLF(apo-bLFおよびFe-bLF)によるクロストリジウム菌18菌株の菌体凝集を観察したところ、apo-bLFおよびFe-bLFのクロストリジウム菌の凝集は、菌体表層のマイナス荷電の程度と高い相関性を示した。bLFによるC. perfringens JCM1290の菌体凝集は、LTAの添加濃度の増加に伴って減少した。同様にbLFの増殖抑制作用も低下した。bLFによるC. perfringens JCM1290の増殖抑制作用は、菌体の凝集と密接に関係していた。bLFの細菌増殖抑制作用は、bLFと細菌表層の直接的な相互作用が必要であることが示唆された。
索引語凝集;増殖抑制作用;ウシラクトフェリン;リポテイコ酸;影響;Closridium perfringens;細菌増殖抑制作用;菌体表層;菌体凝集;菌体
引用文献数16
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat