高脂肪食摂取ラットにおける脂質代謝に及ぼす鰹節タンパク質麹分解物投与の影響

高脂肪食摂取ラットにおける脂質代謝に及ぼす鰹節タンパク質麹分解物投与の影響

レコードナンバー763190論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名田中 将行
上甲 孝志
池田 博明
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ32巻・ 4号, p.135-140(2006-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (3271KB) 
抄録鰹節タンパク質麹分解物(KER)を30%高脂肪食に添加してラットに4週間摂取させ、脂質代謝を中心に体調調節機能について評価した。その結果、高脂肪食のみを与えたHF群よりもKER麹分解物を添加したHF-KH群およびKERをTFFろ過処理したものを添加したHF-KHL群で体重増加の抑制がみられた。また、腎周囲脂肪重量においてもKER添加により脂肪重量が減少していた。血清中の脂質については、TGおよびNEFAがKER麹分解物の添加により有意に低下することが認められた。しかし、コレステロールについては有意差が認められなかった。肝臓における脂質代謝については、脂肪酸合成に関与するG 6 PD活性は高脂肪食を摂取した群は、いずれもControl群に比べ高値を示した。一方、ペルオキシソームにおけるβ酸化系の律速酵素であるACO活性は、KER麹分解物添加群においてHF群よりも活性が高まっていた。これらの結果より、KER麹分解物摂取によりみられる脂質代謝促進傾向の要因の一つは、ペルオキシソームにおけるβ酸化系の活性上昇が吸収された脂肪をエネルギーへと変換したことに起因するものと示唆された。
索引語脂質代謝;KER;添加;高脂肪食;KER麹分解物;HF群;ペルオキシソーム;β酸化系;脂肪重量;血清中
引用文献数16
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat