ビタミンC供給量をもとにした食料自給率における果実の貢献度

ビタミンC供給量をもとにした食料自給率における果実の貢献度

レコードナンバー763218論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名野口 真己
長谷川 美典
梶浦 一郎
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ33巻・ 4号, p.203-207(2007-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (2476KB) 
抄録農林水産省の食料需給表の計算方法に従いビタミンCの食品群別供給量を求め、各種食品の貢献度を計算した結果、野菜類と果実類の貢献度が高く、果実類の中では特にカンキツ類からの供給量が多いことがわかった。さらに各種統計資料から国産品由来と輸入品由来の内訳を計算した結果、国産品からのビタミンC供給量は30年間で減少しており、日本は2001年度ではビタミンCの成人1人1日あたり摂取推奨量100mgを国産農産物だけで供給できておらず、ビタミンCベースの自給率は2001年度では7割を下回っていた。一方、国産果実からのビタミンC供給量は減少しているにもかかわらず、輸入果実が増加しているため、果実類全体からのビタミンC供給量は30年間で増加してきた。このことは、日本でビタミンC供給の海外依存度が増加し、ビタミンCベースの自給率が低下したことの一因でもあった。栄養成分の一つであるビタミンCベースで自給率を計算した結果、食料安全保障の点から考えると、国民全体に摂取推奨量を賄える分だけを国産品から確保するためには、国産生鮮果実の生産と消費の両方の拡大を実現することがきわめて重要であることがわかった。
索引語ビタミンC供給量;貢献度;ビタミンC;計算;結果;ビタミンCベース;自給率;増加;果実類;国産品
引用文献数13
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat