非定常プローブ法による食品の熱物性値の新規同時推算法

非定常プローブ法による食品の熱物性値の新規同時推算法

レコードナンバー763229論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名村松 良樹
坂口 栄一郎
永島 俊夫
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ34巻・ 1号, p.11-18(2008-01)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (4086KB) 
抄録非定常プローブ法により食品の3種の熱物性値(熱伝導率、熱拡散率、比熱)を同時に、かつ容易に推算することができる方法を提案した。その推算方法は、プローブの温度変化を熱伝導方程式の近似解析解にあてはめて、その解析解におけるパラメータA、Bの値と、プローブ定数Pc、温度補正係数Icの値を用いて熱伝導率および熱拡散率を求め、さらに熱伝導率と熱拡散率の値と密度の値を熱拡散率の定義式に代入して試料比熱を決定する方法である。
索引語値;熱拡散率;熱伝導率;非定常プローブ法;食品;熱物性値;方法;解析解;新規同時推算法;プローブ
引用文献数28
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat