熟柿化過程におけるカキ‘西条'の裂果

熟柿化過程におけるカキ‘西条'の裂果

レコードナンバー763242論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名赤浦 和之
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ34巻・ 4号, p.191-195(2008-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (2488KB) 
抄録0℃で数週間貯蔵したカキ‘西条’を100ppmで48時間エチレン処理し熟柿を得たところ、熟柿化の過程で裂果の発生がみられた。低温貯蔵期間と裂果率の間には有意な相関(r=0.707(*))が認められた。カキ‘西条’の果実表面にはひび割れがみられ、これらのひび割れは線状にクチクラ層に発生し果皮には達していないようにみえた。またひび割れの多くは果頂部付近で側溝に沿って発生していた。裂果、すなわち裂開の発生は果実側面で多く認められた。詳細な観察の結果裂開の多くが明らかにひび割れから発達したとみられること、および果実におけるひび割れと裂開の位置がきわめてよく一致したことから、裂開はひび割れから生ずるものと推察された。‘西条’果実はエチレン処理開始後6日で斉一に熟柿になるが、裂開の発生はエチレン処理開始後2.0日から4.5日にかけて認められた。裂開は熟柿化過程の早い時期に発生することが明らかになった。また裂開は発生時期にかかわらず発生の後発達しその長さは100〜140mmにも達した。果皮への深い傷つけ処理により裂果が有意に誘導されたが、その効果は果実赤道部よりも果頂部付近で大きかった。エチレン処理前の低温貯蔵期間におけるひび割れの発達が裂果の原因の一つであると推察された。
索引語裂開;裂果;ひび割れ;西条;熟柿化過程;発生;カキ;推察;低温貯蔵期間;果頂部付近
引用文献数10
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat