UV-B照射によるソバスプラウトの生育とフラボノイド生成に及ぼす品種間差異の影響

UV-B照射によるソバスプラウトの生育とフラボノイド生成に及ぼす品種間差異の影響

レコードナンバー763245論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名鶴永 陽子
松本 敏一
田中 大介
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ34巻・ 4号, p.209-214(2008-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (2888KB) 
抄録300nm以下の波長をカットした紫外線B領域(UV-B)を6品種のソバスプラウトに照射し、フラボノイド含量およびその品種間差異を検討した。その結果、(1)UV-B照射により全品種の胚軸伸長が抑制された。(2)暗黒下で栽培したソバスプラウトにはアントシアニンおよびイソビテキシンが全く含まれていなかったが、それらはUV-B照射により大幅に増加した。(3)ルチン、ビテキシン、オリエンチンおよびホモオリエンチン含量は、品種間差異はあるものの、UV-B照射により増加する傾向が認められた。これらの結果から、ソバスプラウト中のフラボノイド含量を増加させるには、300nm以下の波長をカットしたUV-B照射が有効であることが考えられる。
索引語UV-B照射;ソバスプラウト;品種間差異;増加;波長;カット;フラボノイド含量;ビテキシン;ソバスプラウト中;生育
引用文献数22
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat