導電率情報を利用した灌漑水の全窒素濃度の推定

導電率情報を利用した灌漑水の全窒素濃度の推定

レコードナンバー763318論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002773NACSIS書誌IDAA11577672
著者名富田 景子
平井 康丸
別府 佑一郎
書誌名九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
別誌名Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
発行元九州大学大学院農学研究院
巻号,ページ63巻・ 2号, p.141-145(2008-10)ISSN13470159
全文表示PDFファイル (2145KB) 
抄録灌漑水中のT-Nを推定する方法として導電率(EC)情報の利用を検討した。福岡県八女郡星野村の異なる3つの水系に位置する広内、鹿里、藤山地区の棚田を対象に水質調査したところ、ECとT-Nには正の相関が認められた。EC値に基づいてT-Nを推定する回帰式を求めた結果、回帰式の傾き、切片は水系ごとに異なり、傾き、すなわちEC値に対するT-Nの変化割合は、広内、鹿里、藤山の順に大きかった。回帰式の係数が水系ごとに異なる要因として、水中のイオンの影響を考察した。T-Nに対する陰イオンおよび金属元素の濃度変化をみると、SO4(2-)、CaおよびMgで正の相関がみられた。SO4(2-)との相関は、肥料として使われた硫酸アンモニウムの影響と考えられた。Ca、Mgとの相関については、本研究において、T-NのうちNO3-Nが占める割合が大きかったことから、NO3-N濃度が高い地点で土壌からCa(2+)、Mg(2+)が溶出したためと考えられる。また、水系周辺の樹木が土壌成分(イオン量)に影響を与えている可能性も考察された。以上の結果かち、水系ごとにEC値と、T-Nの関係について線形回帰式を求めることにより、T-Nを推定し得ることが示唆された。
索引語-N;推定;EC;正の相関;Ca;回帰式;EC値;影響;利用;相関
引用文献数9
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat