親水性不織布を利用した灌水法のイチゴ炭疽病に対する防除効果

親水性不織布を利用した灌水法のイチゴ炭疽病に対する防除効果

レコードナンバー763377論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名米本 謙悟
三木 敏史
広田 恵介
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.328-334(2008-11)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (4222KB) 
抄録イチゴ育苗時における雨滴や頭上灌水はイチゴ炭疽病蔓延の主要因である。そこで点滴チューブによりセルトレイ上に敷いた親水性不織布に給水させ、切り口からイチゴ株元へ灌水する方法について検討した結果、本灌水法は本病に対する伝染抑制効果を認め、さらに雨よけを併用することで本病の伝染抑制効果は極めて高くなった。また、全供試株の複葉1枚に本病原菌を接種した感染株における効果を検討した結果、本灌水法と雨よけを併用すると各株の発病進展を顕著に抑制した。イチゴ株元付近の温湿度変化を調査した結果、本灌水法では温度は高い傾向であったが、湿度は明らかに低く、湿度上昇を抑制させる効果があると考えられた。
索引語本灌水法;親水性不織布;本病;伝染抑制効果;結果;灌水法;イチゴ炭疽病;防除効果;効果;抑制
引用文献数13
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat