Phoma exigua Desm. var. exiguaによるゴボウ根黒斑病(新称)

Phoma exigua Desm. var. exiguaによるゴボウ根黒斑病(新称)

レコードナンバー763380論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名粕山 新二
桐野 菜美子
谷名 光治
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.343-345(2008-11)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (1344KB) 
抄録岡山県井原市芳井町の明治地区では、古くからゴボウを地域特産物として栽培している。2002年、当地においてゴボウ根部表面が黒変する症状(通称、黒かけ)が発生し、品質の低下を招いた。この障害部位から糸状菌の分離を試みたところ、同一性状の菌株が多数分離された。これらの菌の病原性を確認し、同定を行ったところ、Phoma exigua Desm. var. exiguaによるゴボウの新病害であることが明らかとなったので報告する。
索引語Phoma exigua;ゴボウ根黒斑病;新称;ゴボウ;Desm;菌;分離;岡山県井原市芳井町;明治地区;地域特産物
引用文献数5
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat