抵抗性イネ品種を加害するツマグロヨコバイのバイオタイプの発育と産卵

抵抗性イネ品種を加害するツマグロヨコバイのバイオタイプの発育と産卵

レコードナンバー763518論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名平江 雅宏
田村 克徳
福田 善通
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ52巻・ 4号, p.207-213(2008-11)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (3503KB) 
抄録抵抗性品種を利用する上で、抵抗性品種を加害するバイオタイプの出現は大きな問題となる。バイオタイプ出現による抵抗性の崩壊を防ぐためには、バイオタイプの諸特性を明らかにすることが重要である。本研究では、ツマグロヨコバイ抵抗性品種中国105号(抵抗性遺伝子Grh1保有)、西海182号(Grh2保有)、愛知80号(Grh3(t)保有)をそれぞれ加害できる系統Biotype 1、Biotype 2、Biotype 3を用いて、抵抗性品種および抵抗性遺伝子をもたない品種上における発育および産卵について調査した。その結果、各バイオタイプは無選抜系統と比べて抵抗性品種上における幼虫生存率が高く、幼虫発育期間の短縮、長い成虫生存日数および産卵数の増加が認められた。抵抗性品種から排泄された甘露中の糖量(糖排泄量)がバイオタイプでは多かったことから、バイオタイプは抵抗性品種からの師管液吸汁を可能にすることによって幼虫の発育や生存、成虫の産卵を可能にしていると考えられた。抵抗性遺伝子をもたない日本晴における幼虫の生存率および発育期間、成虫の生存日数および産卵数、糖排泄量は各バイオタイプと無選抜系統の間で同じ傾向であったことから、今回調査した特性に関して、これらバイオタイプ間の適応度に差のない可能性が示された。
索引語バイオタイプ;抵抗性品種;発育;産卵;Bioype;加害;抵抗性遺伝子;幼虫;調査;各バイオタイプ
引用文献数37
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat