介護予防のための煮魚製品開発(1)

介護予防のための煮魚製品開発(1)

レコードナンバー763583論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20022208NACSIS書誌IDAA12290559
著者名武山 進一
遠山 良
小野 昭男
書誌名研究報告 = Journal of Iwate Industrial Research Institute
別誌名岩手県工業技術センター 業務年報
岩手県工業技術センター研究報告
発行元岩手県工業技術センター
巻号,ページ14号, p.28-31(2007-06)ISSN13487779
全文表示PDFファイル (1677KB) 
抄録介護予防食品として、魚本来の形を保ちながらやわらかさを調節した煮魚製品を開発することになった。現行の煮魚製品のかたさを測定したところ、ユニバーサルデザインフード区分1の規格値5×10(5)N/m2をほぼ満足していた。レトルト調理条件と煮魚のかたさとの関連を調査し、レトルト処理を過度に行っても煮魚が軟らかくならないことを確認した。煮魚の保水性の維持が課題となった。
索引語煮魚;煮魚製品;かたさ;介護予防;煮魚製品開発;介護予防食品;形;やわらかさ;調節;開発
引用文献数9
登録日2011年03月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat