成魚放流されたアマゴにおけるスモルトとパーの残留性の違い

成魚放流されたアマゴにおけるスモルトとパーの残留性の違い

レコードナンバー770229論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20028619NACSIS書誌IDAA1216507X
著者名徳原 哲也
苅谷 哲治
原 徹
熊崎 隆夫
岸 大弼
書誌名岐阜県河川環境研究所研究報告 = Report of Gifu Prefectural Research Institute for Freshwater Fish and Aquatic Environments
発行元岐阜県河川環境研究所
巻号,ページ54号, p.7-9(2009-03)ISSN18807437
全文表示PDFファイル (176KB) 
抄録岐阜県内の渓流漁場のある漁業協同組合では、放流時点で漁獲制限体長を上回るアマゴやヤマメを放流し、ただちに遊漁者に釣らせる、いわゆる成魚放流が早春の低水温期を中心に行われている。しかし、成魚放流は放流量が多い割には漁期が短いことや、放流場所付近に魚が留まらない、という問題があることが、遊漁者・漁業協同組合双方から指摘されている。成魚放流は稚魚放流に比べ放流に費用がかかる。そのため、出来るだけ多くの放流個体が放流地点付近で留まるほうが、その漁場を管轄する漁業協同組合の運営上望ましい。また、アマゴでは0+歳の11月後半頃からスモルト(降海型)とパー(河川残留型)が出現する相分化が起き、渓流釣り解禁時期である2月から3月においても、外見からスモルトとパーの差は明瞭であるが、成魚放流ではこれらを区別して放流することはない。スモルトとパーでは河川に放流された時の移動動態に差がある可能性があり、このことは放流魚の残留性に影響を及ぼしかねない要因である。アマゴの成魚放流における調査は5月に行われたものがある。しかし、その時期はすでにスモルトが終了した時期であり、2、3月のアマゴとは異なる状況である。そこで今回、2月中旬におけるスモルトとパーの放流後の移動動態を調査した。
索引語成魚放流;スモルト;アマゴ;パー;放流;残留性;漁業協同組合;遊漁者;差;移動動態
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat