土壌凍結地帯の農地において積雪層の厚さが土壌中の熱フラックスと土壌水分の凍結・融解に与える影響

土壌凍結地帯の農地において積雪層の厚さが土壌中の熱フラックスと土壌水分の凍結・融解に与える影響

レコードナンバー770256論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名岩田 幸良
林 正貴
廣田 知良
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ64巻・ 4号, p.301-309(2008-12)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録積雪層は効果的な断熱材の役割をするため、積雪層の多少は寒冷圏における土壌の熱・水環境に大きな影響を与える。土壌凍結が発達した圃場において積雪層の厚さの変化に伴う農地環境の変化を評価するため、北海道の十勝地域に観測サイトを設置し、地温や雪温、土壌水分量等の観測をおこなった。観測データから地表面、凍結層下端、深さ95cmの熱フラックスを計算し、土壌水の凍結・融解水量を計算した。その結果、70cm以上の積雪層の断熱効果によって地表面から積雪層に放出される熱が減少し、非積雪期間には土壌中の熱収支にほとんど影響を与えない深さ1m付近の熱フラックスと同等か、それ以下になることで凍結層の氷が融解することが明らかになった。一方、熱収支法により今回推定した土壌水の凍結・融解量は推定誤差が大きく、積雪・土壌凍結地帯の熱と土壌水分移動の関係を定量的に評価するためには雪と土壌の熱伝導率の正確な推定が必要であることが示唆された。
索引語積雪層;凍結;熱;熱フラックス;影響;融解;土壌;土壌凍結地帯;厚さ;土壌中
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat