愛知県内における大気中VOCの濃度変動要因とその発生源の推定

愛知県内における大気中VOCの濃度変動要因とその発生源の推定

レコードナンバー770258論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014218NACSIS書誌IDAA11152050
著者名大越 士生
書誌名愛知県環境調査センター所報 = Bulletin of Aichi Environmental Research Center
発行元愛知県環境調査センター
巻号,ページ36号, p.7-12(2009-03)ISSN21864624
全文表示PDFファイル (1262KB) 
抄録県内4地点で実施したモニタリング調査の結果を用いて、揮発性有機化合物(VOC)の濃度変動要因とその発生源を推定するために解析を行った。解析対象には、光化学オキシダント生成への寄与割合が大きいと推測された12成分を選定した。濃度は平均風速と負の相関があり、風速が濃度変動要因の一つであると考えられた。物質濃度、化学物質排出移動量届出制度(PRTR)データの推計値、自動車排出ガスの排出係数のベンゼン比を比較検討した結果、小牧におけるトルエン、エチルベンゼンの濃度は、固定発生源の寄与が比較的大きいと考えられた。一方、全調査地点のキシレン、1、3、5-トリメチルベンゼンの濃度は、固定発生源の寄与が小さいと推察された。地点間における物質濃度の相関係数を調べた結果、東海と稲沢の物質濃度は比較的良い相関を示した。東海は、稲沢と同様に比較的固定発生源の影響が小さく、移動発生源からの寄与が大きいと考えられた。
索引語濃度変動要因;濃度;発生源;寄与;結果;物質濃度;固定発生源;推定;負の相関;風速
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat