高次廃水処理用微生物担持材の開発

高次廃水処理用微生物担持材の開発

レコードナンバー770481論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009478NACSIS書誌IDAA11825741
著者名堀田 好幸
山口 知宏
杉本 貴紀
高橋 勤子
書誌名愛知県産業技術研究所研究報告
別誌名愛知県産業技術研究所研究報告
発行元愛知県産業技術研究所
巻号,ページ7号, p.18-21(2008-12)ISSN13479296
全文表示PDFファイル (454KB) 
抄録ポリビニルアルコール-ポリアクリル酸-ポリアクリルアミド(PVA-PAA-PAM)系材料では、PAMを適切に配合して架橋反応させたポリマーゲルに活性炭を包括させた場合、ポリマーゲルが活性炭の微細孔を閉塞せず、目的とする数ナノの網目を形成させることができた。その結果、内分泌攪乱物質の非イオン系界面活性剤ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル(NP12)を活性炭に吸着させることができた。このポリマーゲル材料をポリエチレンテレフタレート(PET)系接触材にコーティングし、微生物反応槽内で接触材表面積0.4m2/L、BOD容積負荷を0.2kg・BOD/m3・dの条件で人工下水を用いて連続通水したところ、COD成分を約95%分解することができた。また、ポリマーゲル材料から乾燥させたプラスチック成形体に加工するとき、ポリマーゲルに密着しやすいPET系繊維集合体構造物を芯材に使用することで、微生物担持材の寸法安定性と強度を向上させることができる。
索引語ポリマーゲル;活性炭;高次廃水処理用微生物担持材;開発;ポリマーゲル材料;PAM;プラスチック成形体;とき;PET系繊維集合体構造物;微生物担持材
引用文献数4
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat