固定化酵素と炭化物を併用したフィルタ素材の検討

固定化酵素と炭化物を併用したフィルタ素材の検討

レコードナンバー770496論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009478NACSIS書誌IDAA11825741
著者名森川 豊
島上 祐樹
近藤 徹弥
書誌名愛知県産業技術研究所研究報告
別誌名愛知県産業技術研究所研究報告
発行元愛知県産業技術研究所
巻号,ページ7号, p.108-109(2008-12)ISSN13479296
全文表示PDFファイル (167KB) 
抄録室内環境中の揮発性有機化合物(VOC)除去を目的として、シリカゲル内に比表面積の大きい炭化物とVOC酸化酵素を同時包括した素材の開発を試みた。ケナフ芯材を原材料とした炭化物を作成したところ、800℃で炭化した場合に685m2/gという高い比表面積の炭化物(以下、800℃炭化物)が得られた。また。コロイダルシリカを用いてPaecilomyces variotii(IRIO17株)由来のアルコール酸化酵素を包括固定したゲルは、pH6〜8で高いアルコール酸化活性および蟻酸酸化酵素活性を示した。同様の手法で800℃炭化物を包括固定したゲルは、多孔体である炭化物の細孔径が確認され、表面を塞ぐことなく包括できた。
索引語炭化物;ゲル;比表面積;包括固定;包括;固定化酵素;併用;フィルタ素材;検討;炭化
引用文献数4
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat