酵素によるポリエステルオリゴマーの除去

酵素によるポリエステルオリゴマーの除去

レコードナンバー770499論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009478NACSIS書誌IDAA11825741
著者名茶谷 悦司
長谷川 摂
書誌名愛知県産業技術研究所研究報告
別誌名愛知県産業技術研究所研究報告
発行元愛知県産業技術研究所
巻号,ページ7号, p.118-121(2008-12)ISSN13479296
全文表示PDFファイル (289KB) 
抄録ポリエステルのオリゴマーは、染色中に繊維内部から析出し、染料の凝集を誘発し目づまり事故を起こしたり、繊維表面に付着して製織性、編み立て性の低下や白粉事故などのトラブルの原因となっている。そこで、ポリエステル繊維を分解酵素で前処理することにより染色時のオリゴマー析出を抑制し、オリゴマートラブルを解消するための研究を行った。乾熱処理によりオリゴマーを繊維表面に移動させた後に最適反応条件で酵素剤を作用させることにより、効果的にオリゴマーを除去することができた。
索引語オリゴマー;除去;繊維表面;酵素;ポリエステルオリゴマー;ポリエステル;染色;析出;トラブル;繊維内部
引用文献数7
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat