クールウエアの製品化技術

クールウエアの製品化技術

レコードナンバー770500論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009478NACSIS書誌IDAA11825741
著者名廣瀬 繁樹
船越 吾郎
書誌名愛知県産業技術研究所研究報告
別誌名愛知県産業技術研究所研究報告
発行元愛知県産業技術研究所
巻号,ページ7号, p.122-125(2008-12)ISSN13479296
全文表示PDFファイル (400KB) 
抄録涼しい衣服「クールウエア」の開発には、衣服内の換気が進みやすいように、空気の流れる空間の有無が非常に重要であり、通気性が高く、はりのある服地がクールウエアに適していると考えられる。そこで、最近尾州産地で開発された服地の中で、夏向けの服地を収集し、その中から、通気性も十分大きく、はりも十分に持ち合わせ、滑脱抵抗力も高く、比較的縫製しやすい、抄繊糸/バンブーレーヨン織物をクールウエア用服地として選択した。また、PPSモノフィラメント糸を用い、風通しが良い縫製副資材(肩パットや増芯、裄綿、袋地)の開発も試みた。さらに、これらを用いた衣服の開発およびその評価を行った。その結果、産地繊維業界が得意とする夏向服地の特徴を活かした軽量で涼しい「クールウエア」を開発することができた。
索引語クールウエア;開発;服地;衣服;通気性;はり;尾州産地;滑脱抵抗力;抄繊糸/バンブーレーヨン織物;クールウエア用服地
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat