西富士開拓地域における放牧酪農の実際と牛群検定成績の分析

西富士開拓地域における放牧酪農の実際と牛群検定成績の分析

レコードナンバー770559論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名長田 雅宏
水谷 尚
倉内 宗一
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ53巻・ 3号, p.189-193(2008-12)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (452KB) 
抄録静岡県富士宮市西富士開拓地域の3戸の酪農家は、舎飼い酪農を基本として1頭当り10〜20aの小面積放牧区による5時間程度に制限した放牧方法を取り入れている。本来、放牧管理は運動負荷により周産期の疾病を予防して発情発見率や受胎率が向上すると言われているが、この地域の牛群検定成績を分析した結果、放牧管理を取り入れた酪農は、舎飼い酪農と比較して平均産次数、平均除籍産次数は延長したが、初回授精日数や分娩間隔の延長、JMR(平均遅延日数)や受胎に要した授精回数の増加といった繁殖成績の低下が認められた。繁殖成績が最も低下していた酪農家の放牧期と舎飼い期に代謝プロファイルテスト(MPT)を行った結果、放牧期のエネルギー代謝、蛋白質代謝および肝機能の各検査項目において適正値からの乖離が認められた。これらの原因は、放牧管理を取り入れたことによる分娩から泌乳最盛期までの乾物(DM)量、可消化養分総量(TDN)の摂取不足、さらには乾乳期における採食量のばらつきにあることが考えられ、結果として受胎が遅延して繁殖成績に悪影響を及ぼしていることが推察された。
索引語舎飼い酪農;結果;繁殖成績;放牧管理;分析;牛群検定成績;受胎;酪農家;静岡県富士宮市西富士開拓地域;小面積放牧区
引用文献数11
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat