明治前期における一農政官僚の足跡と業績

明治前期における一農政官僚の足跡と業績

レコードナンバー770635論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題農業啓蒙家・後藤達三と農業結社
著者名友田 清彦
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ108号, p.1-10(2009-03)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (185KB) 
抄録明治14年(1881)に創設された大日本農会は、日本最初の全国的な規模の農会であるが、その母体となったのは、明治8年(1875)に内務省の農政官僚らを中心に創設された開農義会、下総牧羊場関係者によって明治12年(1879)に創設された東洋農会、および明治13年(1880)に三田育種場関係者によって創設された東京談農会という三つの農業結社である。この三つの農業結社のうち、開農義会と東洋農会の両会において重要な役割を果たし、また草創期の大日本農会でも活躍した人物が、農政官僚の後藤達三である。本稿では、これまでの研究では全く取りあげられることのなかった後藤達三を対象に、その経歴と業績について検討を加え、後藤達三が明治前期における典型的な農業啓蒙家の一人であったことを明らかにした。
索引語創設;業績;農業啓蒙家;大日本農会;農政官僚;開農義会;東洋農会;農会;草創期;一農政官僚
引用文献数32
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat