セレンゲティ生態系に棲息するバーチェルシマウマの三叉神経節におけるウマヘルペスウイルス9ゲノムDNAの検出

セレンゲティ生態系に棲息するバーチェルシマウマの三叉神経節におけるウマヘルペスウイルス9ゲノムDNAの検出

レコードナンバー770700論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名Borchers K.
Lieckfeldt D.
Ludwig A.
Hukushi H.
Allen G.
Fyumagwa R.
Hoare R.
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ70巻・ 12号, p.1377-1381(2008-12)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (321KB) 
抄録ウマヘルペスウイルス9型(EHV-9)はトムソンガゼルの脳炎から分離された。EHV-9の自然宿主は不明であるが、ガゼルの感染源はシマウマであると考えられている。この仮説を検証するために、我々はセレンゲティ生態系に棲息する43頭のバーチェルシマウマ(Equus burchelli)と21頭のトムソンガゼル(Gazella thomsoni)由来の血清中に、EHVに対する中和抗体が存在するかを調べた。7頭のシマウマがEHV-1、EHV-9とグレイビーシマウマ由来EHV-1 T965株およびT616株に対して中和抗体をもっていた。17頭のバーチェルシマウマと1頭のトムソンガゼルの三叉神経節において、EHV-9 gB遺伝子ならびにEHV-1 ICP0遺伝子をNested polymerase chain reaction(PCR)により検出することを試みた。その結果1頭のシマウマの三叉神経節からEHV-9特異的配列が検出され、さらに塩基配列を決定することでPCRの結果を確認した。以上の結果から、バーチェルシマウマはEHV-9の感染を受け、同ウイルスは潜伏感染していると考えられた。
索引語バーチェルシマウマ;三叉神経節;検出;シマウマ;トムソンガゼル;セレンゲティ生態系;棲息;EHV;中和抗体;PCR
引用文献数24
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat