水溶性ビタミンであるニコチン酸およびその関連化合物による生活習慣病の予防と治療を目的とする有効利用への試み

水溶性ビタミンであるニコチン酸およびその関連化合物による生活習慣病の予防と治療を目的とする有効利用への試み

レコードナンバー770745論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032717NACSIS書誌IDAA12234310
著者名緒方 進
井田 智恵利
田口 寛
書誌名三重大学大学院生物資源学研究科紀要 = The bulletin of the Graduate School of Bioresources Mie University
発行元三重大学大学院生物資源学研究科
巻号,ページ35号, p.85-91(2008-12)ISSN
全文表示PDFファイル (556KB) 
抄録我々は、水溶性ビタミンの1つ、ニコチン酸およびその関連化合物の、生活習慣病の予防と治療を目的とした有効利用について取り組んできた。予防を目的とした利用のために、ニコチン酸とニコチンアミドが、ヒト正常リンパ球における損傷DNAの修復におよぼす影響について検討した。その結果、ニコチン酸によりDNA修復が促進した。また治療を目的とした利用のためには、ヒト白血病細胞HL-60に対する、アポトーシス誘導能、分化誘導能について、23種類のニコチン酸関連化合物を用いて検討した。その結果、ピコリン酸、ジピコリン酸、イソニコチンアミドにおいてアポトーシス誘導作用が認められた。また、コチンアミド、ニコチンアミドN-オキシド、イソニコチン酸において、顆粒球様細胞への分化誘導が認められた。
索引語ニコチン酸;予防;治療;利用;関連化合物;水溶性ビタミン;生活習慣病;有効利用;検討;アミド
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat