もみがら採苗法によるイチゴ疫病菌の苗への感染回避

もみがら採苗法によるイチゴ疫病菌の苗への感染回避

レコードナンバー770766論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名三澤 知央
中住 晴彦
新村 昭憲
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ57号, p.60-61(2006-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (164KB) 
抄録イチゴ疫病の汚染圃場で、もみがら採苗法によりイチゴの採苗を行い、得られた苗の疫病感染株率を調査した。露地採苗法では14.1〜61.6%の苗が疫病に感染する条件下で、もみがら採苗法では感染がまったく確認されなかった。このことから、もみがら採苗法は、イチゴ疫病の汚染圃場において、苗への感染を回避できる採苗技術であることが明らかとなった。
索引語苗;もみがら採苗法;イチゴ疫病;汚染圃場;疫病;このこ;イチゴ疫病菌;感染回避;採苗;感染
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat